1.08.2013

あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。今年も草野絵美をよろしくお願いします。母になりパワーアップしていきたいと思います!


文章が書けない日が何ヶ月か続いてました。去年のことや一昨年のこと、ブログで振り返ると書き綴ることの大切さを思い知らされます。

2013年は、去年はどんなことがあったとか、振り返る間もなくあけました。何しろ人生がが変わりすぎました。11月23日から。

   2012年 11月 23日。私の息子、率(りつ)くんが、2414gでこの世に誕生しました。
  率という名前は、先駆者精神豊富で、統率力のある男の子に育って欲しいという願いをこめました。願いをこめた通り、先立って、一ヶ月以上も早くお腹からでてきちゃいましたが、何も問題もなく健康に生まれてくれました。

友人のサンフランシスコ在住の書家
山口碧生さんが書いてくれた命名書


  当初の予定日は12月29日だったのですが、先週、腹痛で念のため病院にいってみたら切迫早産の恐れがあると言われその晩から急遽緊急入院することに。赤ちゃんの出口である痙攣長という部分が、通常で4cmあるものが、私のは1.7cmほどしかないと言われすごく動揺しました。つまり赤ちゃんの出口までの距離がどんどん縮まり今にも生まれてきそうだったそうです。

  帝王切開をする予定である、12月12日まで我慢しましょうということで、指をくわえてベッドの上で超絶安静生活をしてました。高校時代はユタ州の田舎でモルモン教の家庭にホームステイしていたので、何にもしない安息日も過ごしなれていた私ですが、入院生活はまた別物でした。

  体は元気なのに安静にしていなければならないというだけで憂いでいて、夜な夜な眠れない時はiPadでデスパレートな妻たちをみたり、こっそり友だちが差し入れてくれたお菓子を夜食べて看護士さんに注意されたりしていました。

 しかし、私の元気さとは裏腹に、率はどんどんお腹を押し出してきて、点滴の量は日々増してき、安静の度合いもどんどん上がってきて最後には寝たきりでした。その度に副作用が辛く、肝臓もどんどん弱り、赤ちゃんにまだでてきちゃだめよといい気かせる毎日でした。

 その後旦那が義祖父の葬儀に出席するために帰省している最中に破水し、その晩には、恵比寿構成中央病院から、新生児集中治療室のある愛育病院へ急遽搬送されました。 そして旦那が、新幹線で朝帰京したその夕方に、未熟児ではあるけれど十分発育には問題ない時期とのことで、緊急手術をしました。

 本当に本当に今まで体験したことないくらい、体力と気力を使った49分間でした。旦那の立ち会いの元、まず脊椎麻酔という大きな注射を背中にさされて、気が動転して多少ハイになっている状態で(お医者さん曰く笑いがとまらない状態だったそう。)、お腹をを切ってから赤ちゃんが出てくるまでは本当にあっという間でした。その後、横で赤ちゃんをすりすりする間もなく、旦那と赤ちゃんは別の部屋に移り、私は30分間で傷口を縫い合わせると言われました。そこから記憶が飛んで、小人のひそひそ声と、目の回るようなドライブとサイケデリックな音楽で目が覚めました。

 そんな訳で、大切な存在が誕生し、麻酔が切れた後の壮絶な痛みに悶え、そこから回復し、未熟児だった率も12月末に退院しました。無事健康にすくすく育ってます。早くみなさまにお会いできる日を楽しみにしています。

率の成長はFacebookのページで公開しています。是非チェックしてください!
http://www.facebook.com/ritsukubonaga

絵美



9.26.2012

Hello Love! 結婚しました。


Photo by my little sister Miki Kusano

 もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月に、弊社クゥーイーの共同創業の久保長礼さんと入籍し、先週末の9月22日に挙式をあげました。

彼、彼の両親、私の両親、周りにいるさんのお陰で実現できた、この結婚式。ありがとうという気持ちは愛しいものです。すべて、私の好きなものだけが詰まっている、完全セルフプロデュースウェディングでした。

大好きなクリエーターさんたちにひとつひとつお願いして、私のイメージのものを作ってもらい一生の思い出になりました。本当に最後まで私のわがままを聞いてくれた礼くん、本当にありがとう。

何にもないホールスペースを借り憧れのガーデンをイメージして、Grand Royal greenさんに内装をお願いしました。一階のギャラリースペースはベニア板で出来た手作りのクラッシーなデザインの教会が設置されました。ヴァージンロードには私たちが出会って結婚するまでの年表が書いてあります。

I think some of you may know via facebook, I got married with my co-founder of our company Rei Kubonaga. We had a wedding reception last weekend.Thanks to my husband Rei, his family, my fasmily and all our friends, I could make my dream wedding come true!  This whole wedding ceremony was full of everything I love! It was all self produced wedding!


Photo by  Shu Uesugi


Photo by Rie Komatsu

ヴァージンロードを歩くときの曲

指輪交換のときの曲


Photo by DJ enari

地下の披露宴スペースには蔦でできたグリーンシャンデリアが飾ってあります♥
室内なのに、生花や木の匂いがする会場。すごくリフレッシュできる空間でした。



Photo by Taiki Namai

Photo by Taiki Namai 

Photo by Testuro Kondo

  フードはフードデザイナーの小沢朋子さんのモコメシに頼みました。香味野菜中心のスパイシーなタパスたち、そしてスープ、メインディッシュのローストビーフ、お漬物... どれも美味しかった!ワインは中目黒オランチョのオーナーすとうさんにお願いしました♥



そして、なんといってもかわいすぎるSweetchさんのこのオリジナルケーキ!
私の職業がDJとフォトグラファーなのでレコードとカメラ、そして、この黒い帯はフィルムになっています。そして夫の職業がプログラマーなのでそれに関連してキーボードと、iPadが埋めこまれてます....!食べちゃうのが勿体無さすぎたわ!

 Our wedding cake was decorated with keyboard and iPad (my husband is an  engineer) and records (I'm a radio DJ) and cameras and films.(I'm a also a photographer!).



Photo by Nanami Takeda

  ドレスもJUNKO YOSHIOKAのロングウェディングドレスから、L'ATELIER MARIAGEのグリーンのお色直しドレス、そしてSia dimitriadiというキプロスのブランドのミニドレスに3書いお色直しをしました!

 I changed 3 different dresses.

Photo by Aiko Nishitsuji

Photo by Meri Amagai
Nailは左薬指だけ金!


Photo by Naoko Nishimura

My father designed post card

Photo by Ken McKay Waragai


かんぱいの曲


入場曲

  写真はすべてFacebook経由で頂いたものです。それぞれ、友だちの視点というものが入って面白い!また、頼んでいたカメラマンの方に撮って頂いた写真や動画もまたアップロードします。  

  まだ学生という身分であり、22歳でまだまだ未熟ですが、これから礼さんと素敵な家庭を築けるように努力したいと思います。早く自立して、礼さんを支えてお互いを高め会えるような夫婦になりたいと思います。今後とも草野絵美をよろしくお願いします。

絵美


7.25.2012

I LOVE YOU ONO!!


このDiorのCMオランダ出身の大人気スーパーモデル、ダフィー・グレネヴェルド。1960年代のフレンス映画見たい雰囲気がとっても素敵!小物もメイクもすごくクラシカルで、なんだかブリジット・バルドーを彷彿させる。

このキャッチーな歌が気になってたんだけどどうやら聞いたことあるような...
一見フレンチポップの辿々しい英語の歌だと思ったら....




そう、1979年にデビューした日本のテクノポップ・バンド、
プラスチックスの曲だったのです。

80年代の和製テクノが作ったでたらめ英語の歌のカバーだった!可愛い!

今改めて聞いてもととってもかっこいい。

この時代にいた、有頂天とかヒカシューみたいな
アバンギャルドなスタイルのバンドでてこないかなw 大好き!

















ちょっとブログを更新してなかったで、品川女子学院で講師を1学期間やったこと、審査員をつとめた、講談社アイドルオーディションミスiDの全貌について、真夏が来る前に書くようにがんばるよ!

5.13.2012

Alisa and Pak



   My one of the best friends Alisa and her doggy Pak.How adorable!!Alisa is like the girl who was born to be fra dancer. She grew up just by the Chigasaki beach. I was born in the middle of Tokyo. She and I had a completely different lifestyles but we kind of have same inspirations like the kids shows,art and stuff.

  大学のベストフレンド アリサと愛犬パクちゃん。可愛すぎる。彼女はフラダンサーになるために生まれてきたような女の子で、茅ヶ崎の海辺で生まれ育っている。東京のど真ん中で生まれた私とは正反対の生活をしてるけど、小さい頃に見ていたものやインスピレーションが似ているのです。

















Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...